「名古屋ドーム前キャンパス」一般公開

2016年5月14日(土)10:00~15:00 新キャンパスが開放された。 寄付者に対しては、個別に吉久学長から下記の説明がされた。 学長方針「日本一活力のある大学」にする。 ドーム前キャンパス開設の意義 ①90年節目の年になり、開学100周年に向けた総合的発展のための礎となること。 ②「国際化計画2013」の中核プロジェクトになる外国語学部を開設すること ③名古屋市内3キャンパス体制によって、教育・研究・社会連係、学生活動および  組織運営等において新たな展開を期待 また、午後からは池上教授による講演会も催された。 新キャンパスは、社会との連携の場も設けられ自由なレイアウトで会合等に無料で活用できるゾーンとなっている。活発な交流で、より開かれた大学になることを期待します。 写真①:上記を説明する吉久学長 写真②:中日新聞の抜粋 池上教授の講演



最新記事

すべて表示

2021年度 交通機械会総会 結果のお知らせ

昨年来、一向に収束の傾向が見えないコロナ禍の中、総会開催の機会をうかがっておりましたが、昨年に引き続き、通常開催はリスクが高いとの結論から、昨年同様リモートにて役員と評議員により総会を開催しました。 リモートでの総会の結果、役員の変更及び会則の追加を含み、各議案は承認されました。 ここにご報告します。 コロナの収束がいつ頃になるか全く不明ではございますが、交通機械会も例年の事業を中止・縮小・時期の