2月6日(土) 第十九回の賀詞交歓会

2月6日(土) 第十九回の賀詞交歓会が、いつもの東天紅から3月で見納めとなる名城名駅サテライトへ場所を変えて、二部構成で開催された。

第一部:中島公平先生から「海外で働く技術者育成のための研修プログラム」と題して、ご講演いただいた。まさに今最も求められている「グローバル人材の育成」と言うテーマであり、会場は立ち席がでるほどの盛況であった。

第二部:集合写真撮影、学歌斉唱で始まり、ご来賓の皆様からは大学の近況、未来に向けた活動等の情報を交えながらご挨拶をいただいた。恒例の東北大地震の支援チャリティーでは、「愛チカラ」から4名が参加し、活動内容の紹介と募金活動を行った。参加者の善意で「46,096円」が義援金として送られた。

締めは、円陣を組んでの名城節で硬派の絆を、名古屋締めでなごやかな軟派の和を結びに、なごり惜しい中終了した。




最新記事

すべて表示

名城大学 交通機械会総会 結果のお知らせ

コロナ禍の中、総会開催の機会をうかがっておりましたが、 通常開催はリスクが高いと判断し、今回断念いたしました。 そのため、役員と評議員により総会を書面により開催しました。 結果、一部役員の変更含み、各議案は承認されました。 ここにご報告します。 このコロナの影響がどこまで続くか分かりませんが、交通機械会も 例年の事業を縮小・時期をずらすなどして対応してまいります。 今後もHPを活用して発信いたしま